30cmキューブのアクアテラリウム水槽のライトアップにLED投光器

30cmキューブのアクアテラリウム水槽のライトアップにLED投光器

大阪北部地震によって破壊されたリニューアル前の30cmキューブのアクアクリウム水槽は、5WのLEDスポットライトとアマゾンで購入した廉価水槽用ライト(7W)を使ってたんやけど、リニューアルで背が高いアドオン型アクアテラリウムになってから水槽の中が結構明るくなったんで、廉価水槽用ライトを使うのをやめることにしたんよね。

でも、5WのLEDスポットライトだけやったら、ちょっと明るさが足らん感じやったんで、ライトの強化を図ることにした。っていうか、廉価水槽用ライトを使いだす前に30cmキューブで使おうと思って買ってたライトを使い始めただけやねんけどね。

で、30cmキューブ用のライトとして使いはじめたのは10WのLED投光器。

よう判らんけど投光器って本来の用途は屋外の看板とか照らしたりするんに使うんかな。

水槽用ライトをなんで素直に使わへんかというと、アクアテラリウムは植物にも灯を当てたいから、ライトを高いとこに設置したいんやけど、普通の水槽用ライトやったら、高いとこに設置したら、水槽の底まで灯が届かへんねんなぁ。

その点、前から使ってるスポットライトとか、この投光器やったら、水槽から離してもある程度灯が届くような気がするねん。そうは言うても前の環境やったら5WのLEDスポットライトでもアカンかってんけどね。

このLED投光器(10W)やったら、写真では判りにくいかもしれんけど、水槽の底まで光届いてるやん。

一応、水草も成長してる感じやし、エエんちゃうんかな。

まぁなんやかんや言うてもkuriの場合、一番はお値段やねんけどね。