ひっそりと仲間が増えた クラウンキリー

ひっそりと仲間が増えた クラウンキリー

30cmキューブのアクアテラリウム水槽には青い目をした2種類の熱帯魚がおるんよね。

1種類はアフリカンランプアイで当初30匹くらいおったんやけど、バタバタと★になって今は3匹だけが残ってる。

水合わせがアカンかったんやろねぇ。

この3匹はもう1年以上生きてるんやけどね。

このまま長生きしてほしいなぁ。

 

もう1種類はポポンデッタ・フルカタっていう魚。

名前が珍しくて見た目もちょっと珍しい感じ。

胸ビレが体の上の方に付いてるんかな?

それと泳ぎ方もちょっと珍しいような気がする。

左右に体を大きくくねらせて泳ぐ。

海水魚のカクレクマノミもそんな感じの泳ぎ方やけど、カクレクマノミに比べてクラウンキリーは体高が断然低いんで泳ぐ姿のイメージはかなり違って見えるかな。

すばしっこく泳ぐからなかなか写真が撮れてないんよね。

これは5匹導入で残り2匹。

かなり慎重に水合わせしたんやけどね。

 

アフリカンランプアイにしろポポンデッタ・フルカタにしろkuriが基本的に水合わせが下手なんやろね。

お魚さんたちには申し訳ないです。

 

で、今回新たに仲間入りしたんはクラウンキリーっていうメダカの仲間。

西アフリカに住んでる体調3cmくらいの小型熱帯魚。

 

ちなみにクラウンっていうのは王冠(Crown)の方ではなく道化師(Clown)の意味らしい。

カクレクマノミの英名もclown anemonefishっていうねんけど、それと同じでピエロ魚ってことやね。

 

クラウンキリーは今までに何回か飼ったことあるんやけど、これまではあんまり長生きさせてあげれてないんよね。

今回5匹買ってきて1週間経って、まだそのまま5匹生き延びてるんで、頑張って欲しいわぁ。

 

この魚は元々細いんやけど、今回買ってきた子らはまだ幼いみたいでめっちゃ細いねん。

だからピントが全然合わなくて、きれいに撮れた写真がないねんなぁ。

写真見ても分かりにくいけど、目が青くてなかなか綺麗ねん。

 

ネットで見ると温和な魚やって書いてるんやけど、今までの経験からすると結構、仲間間でのイジメが激しかったような気がするんで、今回は仲良く穏やかに暮らしてくれることを願ってる。

今の所はあんまりツルムこともないけど喧嘩することもなく、ええ感じで過ごしてくれてるんで、このまま続けて欲しいね。

 

最後に30cmキューブアクアテラリウム水槽の動画を少し。

 

魚がみんなちっちゃいからなんの動画かよく分からんね。

まぁ今日はこんな感じやね。

 

ではでは~

 

◆関連記事◆

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポチッとお願いします(*^^*)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村