スポンサーリンク

作成開始!!めだかの学校アクアテラリウム水槽の作成模様 その1

川 滝 アクアテラリウム 陸地 作り方 生体 45cm 水槽 外掛け フィルター メダカ 自作 作成 方法 必要 準備 もの 道具 模様 百均 鉢底ネット 塩ビ管 グルーガン アクアテラリウム

ついにめだかの学校アクアテラリウム水槽を作り始めたよ。

しかし、妄想を開始してからここまで来るのに時間かかったなぁ。

それなりに時間がかかると思うんで、作成模様について、都度記事にして行こうかなと思ってます。

◆関連記事◆↓↓↓これまでの経緯
めだかの学校アクアテラリウム水槽の構想 妄想開始!
妄想から実現への第一歩!? ~めだかの学校アクアテラリウム構想~
大きな前進 ~めだかの学校アクアテラリウム構想~
水槽キタァ~ッ!めだかの学校アクアテラリウム構想 遂に本格始動!!

スポンサーリンク

100均グッズでアクアテラリウムの陸地を作る

妄想完成予想図

完成イメージ図

 

テラリウム部(陸地)の作成模様

陸地のベース

百均で買ってきたケースをベースにして作っていくんやね。

100均で陸地ベース

 

ケース選びのポイントはちょっと柔らかめな素材であること。

このままやったら、形が不自然なんでちょっと加工しようと思うんでね、加工がしやすいちょっと柔らかめの素材のケースがエエかな。

 

それとメッシュというか穴がいっぱい開いてるものやね。

なんと言っても簡単に切れる。

 

百均ケースの加工①

切る道具はこれも100均で買った金鋸。

陸地ベースの加工

 

ケースを切るのはこれくらいで十分かな。
陸地ベースの加工

 

更に陸地を拡大するために、鉢底ネットを使う。

鉢底ネットは普通のハサミで切れるから、簡単に加工できるんよね。

鉢底ネットは100均とかホームセンタ等で売っている。

鉢底ネット

 

百均ケースの加工②

陸地の拡大

鉢底ネットを陸地の拡張の形に切って、結束バンドで止める。

 

下の写真分かるかな?

壁を作ってるんやけど。

ケースの高さに合わせて鉢底ネットを切って、それを垂直に立てて結束バンドで止めてる。

陸地の拡大

水槽に仮置きしてみた。

陸地ベースを水槽に仮置き

 

ケースに脚をつける

塩ビ管を切って脚にする。

陸地に脚をつける

塩ビ管とケースにドリルで穴を開けて、ステンレスの針金で止めてる。

脚はステンレスの針金でとめる

針金の材質は鉄だと錆びるのでステンレス。

脚をつけて陸地ベースほぼ完成

陸地と脚の補強

グルーガンを使って陸地と脚の強度を補強する。

グルーガンはプラスチックを熱で溶かして接着剤にする道具やねん。

グルーガン
グルーガンで補強グルーガンで脚を補強

グルーガンはアクアテラリウムでは必須の道具やと思う、

スポンサーリンク

今日はここまで

これくらいがキリがいいんで、今日はここまでやね。

今日はここまで

 

ちょっと陸地の雰囲気出てきてるんやない?

 

次のエピソードはこちら

【実験動画有】めだかの学校アクアテラリウム水槽の作成その2 川底と池底の形作り
川のあるテラリウム水槽の作り方の紹介記事です。川は側面から断面的に見る形に作るのでメダカが流れに逆らい泳ぐ姿が手軽に観察できます。川のあるテラリウム水槽もいろいろあると思いますが、こういった視点で川を眺めることが出来る水槽はあまり無いような気がします。シリーズ記事です。

おすすめの記事

アクアテラリウムの陸地を作る記事は他にもあります

岩清水のあるアクアテラリウム水槽の作り方 その1 暖かいベタのおうちを作ろう
小さめの水槽にフェイクの石組みで岩清水滴る絶壁レイアウトを安価に作る方法の紹介です。シリーズ記事の作成編第1回目になります。今回は鉢底ネットを使ってベースを作ります。小さめの水槽ですが、本物と見紛う石組みの絶壁レイアウトに仕上がっていきますのでお楽しみに。
60cmアクアテラリウム水槽の改造計画 作成編その1
アクアテラリウムの陸の作り方を説明しています。素材はお手軽に安くを基本に100均で調達が基本です。今回はより川と滝により自然感を求めて作っています。アクアテラリウムの陸はシンプルな分、作り方も簡単です。ですが、出来上がりは驚きのクオリティーです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウムへ

ポチッとお願いします(*^^*)

コメント