スポンサーリンク

【動画】2重管形ダブルサイフォン式オーバーフロー 停止/再開の様子

ダブルサイフォン サイフォン式オーバーフロー 2重管 二重管 停止 再開 起動 海水魚

今までの手間はなんやったんや?ってくらいダブルサイフォン式オーバーフローが再開する時に口で吸う手間がなくなったことはめっちゃ画期的な事件やったわ。

結局今までダブルサイフォン式の体した単なるサイフォン式やったんやなぁ。

でも、これで晴れてダブルサイフォン式と名乗っても恥ずかしくないんやっていう喜び。

この喜びは多分誰にも伝われへん、っていうか伝わるわけないわね。

清々しいほどの自己満足やわwww

ということで、自己満足ついでに動画公開。

2重管形ダブルサイフォン式オーバーフローの停止の様子と再開の様子。

まずは停止の様子。

いってみよう!

ビデオ開始7秒くらいで、給水ポンプが止まって、水槽内のカップ(これも透明やから判りにくい)の水がス~と減っていってるんやね。

この動作が今までは実現できてへんかったから、再開する時に口で吸わなアカンかってん。

じゃ続いて再開の様子。

いってみよう!

ビデオ開始7秒くらいで、こちらは給水ポンプが再開して、水槽に水を供給し始め、水槽の水位があがることなく、水槽内のカップの水位がスイ~っと上がっていって、落水が始まってるんやね。

今までやったら、口で吸うまで落水が始まらへんから、水槽の水位がどんどん上昇して溢れてしまうという悲しい状況になってたんやけど、それが回避できるようになった訳やね。

いやぁこれは素晴らしい技術やわ。

純粋なオーバーフロー水槽と変わらん水の動きになるわけやもんねぇ。

さすが特許取るだけのことはあるわ。

発明者さんありがとう。

今日は自己満足で幸せ噛み締めながら寝よ。

 

◆関連記事◆

熱帯魚飼育のちょっとした工夫 外部フィルターと外掛けフィルター
タイトルに『ちょっとした工夫』って書いてるんやけど、ここで紹介する方法は、恐らく本格的にアクアリウムをやってる人からすると邪道な方法になると思うんで、決してオススメしている訳やないということで、読んでいただけるとありがたいです。 いき...
海水魚水槽のちょっとした工夫 魚飛び出し防止 蓋受けの簡単改造
今、海水魚水槽には残念ながら魚はおらんねんけど、魚ってたまにジャンプして水槽を飛び出すことがあるんよね。 kuriがこれまで飼ってた魚では淡水魚よりも海水魚のほうが多かった印象かな。水槽飛び出すんは。 ハタタテハゼとか気の弱い魚...

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウムへ

ポチッとお願いします(*^^*)

コメント